施工例

『自己満足」のリフォーム、応援します!

リフォーム施工例「黒×白の家」づくり

リフォーム施工例「黒×白の家」づくり
「もっと個性的な家に住みたい!」「家づくりにも自分の趣味を発揮したい!」
という熱い願いを抱きながら、いま一歩足を踏み出す勇気が持てない方はきっと少なくないはずです。
念願のマイホームとして購入した中古住宅を”実験台”に、ロハスプラスの総合リフォームで「黒白の家」を実現した青木哲也(当社事務社員)が、個性重視の家づくりをしたい人にエールを送ります!
プロフィール

1973年生まれのみずがめ座、A型。趣味は釣りとドライブ。2007年にウォースペイント(現在はエース・リフォーム)に入社し、事務を担当。 物心ついたときからみずからのテーマカラーを「黒」に定め、若いころはクルマも黒ばかり愛用。「いずれはマイホームも黒に」と黒い野望をたぎらせていた。妻、長女(小学生)、長男(幼稚園)と4人暮らし。

ここがわたしの自己満足

新しい家の色を「内も外も黒か白だけ」と決めたとき、家族からは猛反対が出ました。「いろんな色を使った方が楽しいのに」とも言われましたが、少しでも妥協したら中途半端になってしまうので、信念を頑固に貫こうと思いました。

元の家はライトブルーでしたが、壁は全面ツヤ消しの黒、破風板は白に塗り替えました。屋根も当然黒です。破風板がアクセントになっているので、最初は大反対だった娘も「黒いおうち、可愛いね」と言ってくれました。
床

床

一部を除き、床は白い石目(大理石調)にしました。石目は一般的に「冷たい印象になる」と住宅では敬遠されがちですが、クールさを出したかったのでプランの初めからこれで行こうと決めていました。色はクリーム系もありましたが、中途半端はイヤなので白。汚れが目立ちやすい色ですが、床からの照り返しで部屋全体が明るくなるメリットがあります。

リビング

リビング

リフォーム前がとても暗い雰囲気だったので、クロスは白で統一し明るさを確保しました。クロスは織り目を横方向に張ることで、部屋の広さを強調しています。 完全に白ばかりではメリハリがないので、幅木はドアやサッシに合わせた濃い目のダークブラウンのものにしました。 室内灯は、オフィスにある細長い蛍光管にしたかったのですが、家族の意見も取り入れてこのタイプを選びました。 天井には、天井から物干し竿を吊るせるポールを取り付けてもらいました。以前住んでいたアパートにあったのがとても便利だったので。ポールは簡単に脱着可能です。

キッチン
床を白にしたので、おのずとキッチンは黒色に決まりました。妻の要望で、作った料理をたくさん置けるように奥行きのあるものにし、収納スペースもしっかり確保できました。 これを入れたために、窓の位置を変更する必要がありました。大掛かりな作業で、大工さんには感謝しています。
トイレ

トイレ

リフォームする7部屋は、「白だけ」「黒だけ」「白と黒」のどれかにしたかったんです。ただ、真っ黒の部屋はさすがに「賭け」みたいなところがあるので、トイレで実験してみました。便器も黒にしたかったのですが、超高級なものしかなかったので妥協しました。便器に合わせて換気口は白にしました。 黒い壁紙でトイレのリモコンの赤外線が吸収されてしまい、リモコンの位置が制限されてしまったのが想定外でした。せめて天井だけは白くすれば、設置場所の自由度が広がったかもしれません。

バスルーム

バスルーム

システムバスのオプションで、天井以外は全面黒にできました。浴槽も黒にしたかったんですが、妻が「バスクリンの色が分からなくなる」というので妥協しました。

脱衣洗面所,階段

脱衣洗面所

本当はここも黒にしたかったんですが、黒の洗面台がなかったので仕方なくすべて白に統一しました。

階段

リフォーム前はカーペット敷きでしたが、ダークブラウンの木目に変えました。石目のクッションフロアにするのも良かったかもしれません。

寝室

寝室

「黒白」の部屋というのはかなり大胆なので、お客さんを招くことがない寝室で挑戦してみました。ウォークインクローゼットはパナソニック製。扉に取っ手がついていないものにこだわりました。 黒い石目の床材は手ごろな価格のものがなかなかなくて、インターネットを使って自分で見つけてきました。 クローゼットは白しか選択肢がなかったので、それに隣接する側の壁を白に、反対側を黒に分けました。斬新なイメージで、ホテルみたいな雰囲気が気に入っています。本当はコンセントやエアコンも黒いものがあると良かったんですが。吸排気口のカバーは自分で黒く塗ったんですよ。
寝室ビフォアー

子供部屋

子供部屋

一番日当たりがいい部屋です。広いので友だちを招いて遊んだり、パジャマパーティーなんかもできますね。子どもたちが成長したら、間仕切りを作ることになるでしょう。

書斎

書斎

ここは自分だけの部屋なので、当然「黒」。ダウンライトの数も少なく、あえて電球色にして薄暗く落ち着ける部屋を目指しました。

「こだわり」+「信念」=自己満足! 一般的にリフォーム会社の営業マンは、セオリーに基づいた常識的な提案・アドバイスをするものです。説明を聞き、メリット・デメリットを理解した上で「それでも自分はこうしたい」という熱いものがある方は、ぜひそれを貫いてほしいと思います。 わが家の場合、黒い部材は値段設定の高いものが多く、平均的な工事より若干コストが増しました。けれど自分の頭の中のイメージが現実化し、納得のリフォームができた満足感は何物にも代えられません。職人さんたちも素晴らしい仕事をしてくれました。ロハスのスタッフたちは、わたしと違ってしっかりした「常識派」です。と同時に、お客様の「こだわり」に耳を傾けてその実現に奔走する「がんばり派」でもあります。 さあ、あなたも勇気を出して、いい意味で「自己満足」できるリフォームに挑戦してみませんか? ロハスプラスがお手伝いします!

データ
青木邸基本データ工期 2010年10月中旬から約2カ月間
参考価格 980万円
設備 キッチン パナソニック リビングステーションSクラス
(SJ40シリーズ)
カップボード パナソニック リビングステーションSクラス
(SJ40シリーズ)
浴室 パナソニック バス ココチーノSクラス 1616
(1坪タイプ)
洗面 パナソニック 洗面ドレッシング ウツクシーズ
トイレ パナソニック トイレ NEWアラウーノ
(タイプ2)
エコキュート パナソニック エコキュート LDシリーズ 370L
(寒冷地 向けフルオート)
ウォークインクローゼット パナソニック アイ・シェルフ
フローリング白 TOYOPLY ハイパーフロアーシストS
(アラベスカー ト色)
フローリング黒 EIDAI アトムワイド455
(ヴィリエミブラック色)