現場レポート

住宅リフォーム【長野県松川町W様邸7】完成写真

約1カ月という短工期で大掛かりな総合リフォームをさせていただいた長野県松川町のW様邸の完成写真をお届けします。

外壁

鋼板サイディングが縦ストライプなので、建物が実際よりも高く見えます。

窓はすべて樹脂とアルミの複合サッシ。遮熱性能が高い複層ガラスです。

玄関からLDKへ

玄関ホール

玄関ホールのすぐ隣が広々としたリビング

リビングの床は畳とフローリングを組み合わせました。畳と壁を一体化させる大胆な配色がポイントです。

市松模様の畳がおしゃれ

リビングには横長の型ガラス窓を上下に配置。光や気配を外から採り入れながらも、住人のプライバシーを守る工夫をしています。

正面奥がキッチン、その右側は階段

 

システムキッチンは木目調の対面式

奥がバスルーム、右側の扉は勝手口に通じるパントリー

勝手扉はリフォーム前のものを残しました

その他の部屋

洋間。収納もたっぷりです。

 

和室。壁紙やふすま、畳を新しくしました

お風呂、トイレ

洗面脱衣室

システムバス。窓にはルーバー付き

トイレ

リフォーム前の写真と比べると、まるで別の建物のようになりました。

http://www.ace-reform.jp/reports/202006wachi_matsu01/

お施主様のお言葉

「気配りしてくれた代人さん、気持ちよく働いてくれた職人さん。1カ月というとても短い期間、しかも暑いさなかにこれだけの工事をしていただいて、とてもありがたかったです。16年間放置していたところを見違えるほどきれいにリフォームしていただいて、家族もとても感謝しています。ありがとうございました」